小説

【2021年本屋大賞受賞】町田そのこ『52ヘルツのクジラたち』感想

2021年本屋大賞受賞作!

気持ちの深くを潜るような読書体験を与えてくれるおすすめ本を紹介します。

【星を掬うとは?本屋大賞受賞後第一作】町田そのこ『星を掬う』感想小学1年の夏休み、母と二人で旅をした。 その後、私は、母に捨てられた――。 『52ヘルツのクジラたち』で2021年本屋大賞受...

あらすじ

52ヘルツのクジラとは世界で1番孤独だと言われているクジラ。

他のクジラよりも高い周波数で鳴くのでその声は誰にも届かない、何も届けられない。

自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と母に虐待される少年が出会い紡がれる物語です。

52ヘルツのクジラたちの感想

「このクジラの声はね、誰にも届かないんだよ」

少年が目を微かに見開き、首を傾げる。

「普通のクジラと声の高さが――周波数って言うんだけどね、その周波数が全く違うんだって。クジラもいろいろな種類がいるけど、どれもだいたい10から39っていう高さで歌うんだって。でもこのクジラの歌声は52ヘルツ。あまりに高音だから、他のクジラたちには、この声は聴こえないんだ。今聞いているこの音もね、人間の耳に合わせて周波数をあげているらしいから、実際はもっと低い声らしいんだけど……」

世界でもっとも孤独だと言われているクジラ。

人も一緒。誰にも届かない声を発し続けて孤独に過ごしている人もいます。

孤独に包まれている人の声を聴こうとする行為や、同じ方向を向こうとすることがどれだけ尊いことなのか改めて感じました。

タイトルや装丁の綺麗さ、内容の重さや優しさ、温かい人たち、どうしようもなくなっている人たち。
読書を進めていく中でいろんな要素が自分の中の深い部分で響きます。

他人に対しての鈍感さや敏感さは日々反省することが多いけど、無関心にはならずに耳を澄ませて生きていこうと思いました。

終わりに

インスタで色々な好きなフォロワーさんの投稿を見て興味を持ち手に取った一冊です。

読み進めると事前に知ったあらすじよりも痛い。思い浮かぶのは物語とは離れて溺れるように毎日を過ごしていた時のことです。

あらすじで少しでも心が動く方にはその人にとって唯一にも近い大切な一冊になれる物語だと思います。

少なくても僕にとってはずっと忘れられない一冊になりました。

最新作の『星を掬う』もお薦めです。

【星を掬うとは?本屋大賞受賞後第一作】町田そのこ『星を掬う』感想小学1年の夏休み、母と二人で旅をした。 その後、私は、母に捨てられた――。 『52ヘルツのクジラたち』で2021年本屋大賞受...
ABOUT ME
いちくらとけい
社会人の本好きです。現在、知的障害者の支援施設で働いています。 小説を読むことも書くことも大好きです。読書をもっと楽しむための雑記ブログを作りたいという気持ちで立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。