小説

相沢沙呼『medium 霊媒探偵城塚翡翠』感想【霊媒探偵?驚きのミステリ】

本年度No.1ミステリとの声多数! 「すべてが、伏線」ミステリ!

  • 『このミステリーがすごい!』(宝島社)2020年版国内編、第1位!
  • 『本格ミステリ・ベスト10』(原書房)2020年版国内ランキング、第1位!
  • 「2019年ベストブック」(Apple Books)2019年ベストミステリー、第1位!

ミステリランキング3冠、そして2020年本屋大賞にもノミネートされています。

相沢沙呼さんは繊細な筆致で登場人物たちの心情を描き、ミステリ、青春文学、ライトノベルなどジャンルをまたいだ活躍を見せている作家さんです。

最近ですと『小説の神様』(講談社タイガ)が佐藤大樹さん、橋本環奈さんの主演で実写映画化が発表されました。

大注目の作家さんの大注目の作品というわけです。

読んでみて絶賛、感嘆の声に納得!

最後の最後まで楽しめる絶品ミステリでした。

簡単な内容紹介・あらすじ

推理作家として難事件を解決してきた香月史郎は霊媒で死者の言葉を伝えることができるという城塚翡翠と出会います。

しかし、そこに証拠能力はなく、香月は霊視と論理の力を組み合わせながら事件に立ち向かっていきます。

一方巷では姿なき連続殺人鬼が人々を脅かしてきます。

香月と翡翠のコンビによって目の前に立ちはだかる事件に立ち向かう裏で、翡翠に殺人鬼の魔の手が迫ります。

最後の最後まで読ませる圧巻のミステリです。

以下、伏線や謎部分には触れずの感想です。

『medium[メディウム] 霊媒探偵城塚翡翠』の感想

第3話までの香月史郎×城塚翡翠のコンビで事件の謎に迫る話と集大成となる最終話で成り立っています。

間にインタールードと呼ばれる連続殺人鬼の描写が挟まれ、各話としても面白く、最後まで読み終えると連作としての一冊の小説としての面白さに包まれます。

この香月史郎×城塚翡翠のコンビの魅力に引き込まれます。

推理小説や推理漫画にはシャーロックホームズとワトソンをはじめとして様々な名コンビが出てきますが、この物語では霊視という別感覚で答えが分かっていて、それを知性で補完していくというまるで読んだことのない構造です。

しかも最後まで読むとまた今までの読書の中の世界をひっくり返されて……内容はもう本当読んで体験して欲しいです。

具体的にはここでは触れませんが、だからこそ読み終えた人とすごさや驚きについて語り合いたくなります。

読み終えてまず頭のカロリーを消費した心地よい感覚と終盤にかけての衝撃で心臓のばくばくがしばらく止まりませんでした。

また城塚翡翠のキャラクターも面白くて(好き嫌いは分かれると思います)、そんな翡翠と香月のやりとりにもどきどきします。

でも全てはやはり読み終えてみて、そんな色々な面白さがまるで違う面白さに変化? 進化する読書の魅力を読まれてない方はぜひ感じて欲しいと思える読書でした。

おわりに

普段仕事の休日で特に予定がなく、どこかに行ってしたいこともなければ本屋に行き、次の休みまで読む本を探し、そのままカフェで読書したり、ぶらぶら買い物をしたりして過ごすことが多いです。

でも、今日は家から出ずにテーブルで読み続けていました。本当は明日読み終えるくらいのペースだったのに最後は本を閉じられず、あぁ、もう夜だって感じでした笑

本屋大賞ノミネートの小説で読んでいないものもまだありますが、まるで魅力の色が違って予測ができない!

『medium 霊媒探偵城塚翡翠』はドラマや映画で映像化の期待もしてしまうような鮮やかな絵が浮かぶ作品です。

ABOUT ME
一蔵とけい
一蔵とけい
社会人の本好きです。現在、知的障害者の支援施設で働いています。 小説を読むことも書くことも大好きです。読書をもっと楽しむための雑記ブログを作りたいという気持ちで立ち上げました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です